【SUOクールリング】18℃と28℃の違いは?アイスリングのおすすめ温度や、外での冷やし方をご紹介!

  • URLをコピーしました!

SUOクールリングには2種類の温度(18℃と28℃)があります。

アイスリングの温度は18℃と28℃、どっちがおすすめ…?

初めて購入するときは、どちらの温度がよいのか悩みますよね。

実際に使用してみて感じたことや、口コミを見てみたところ…

18℃がおすすめな人

  • 一気にクールダウンしたい、冷たさを求める人
  • 再び18℃以下に凍結させる環境がある場合
  • 炎天下で使用する場合は、短時間利用の方

28℃がおすすめな人

  • 冷たすぎるのが苦手で、程よいひんやり感が欲しい人
  • 長時間利用で水道水でも再凍結できた方がよい場合
  • お年寄りやこどもなど、急激な冷えが体に良くない方

18℃・28℃という温度は凍結温度を示していますので、外で冷やす方法はあるのか?長時間利用するのか?ということもポイントになります。

実際使用してみて、冷たさを感じる時間は28℃のほうが長いように感じました。

程よいひんやり感が長く続くため、こどもの熱中症対策にも28℃のタイプを使用しています。

エアコンの節電対策のための室内利用などであれば、18℃でもすぐに再凍結できるため冷たい方が好みの方は18℃のほうが素早くクールダウンできます。

SUOクールリングの18℃と28℃をそれぞれ比較してみましたが、このように使う人や環境によっておすすめの温度が変わります。

こちらの記事では、更に詳しく18℃と28℃使用したレビューと2種類の温度を選ぶときに重要な外での冷やし方もご紹介しています。

自分に合うクールリングを探すときの参考にしてくださいね。

目次

【SUOクールリング】18℃と28℃の違いは?

SUOクールリングは、18℃と28℃の2種類の温度があります。

自分にはどちらの温度が合っているのか迷ったので、色々比較してみました。

SUOクールリングの2種類の温度とは?

この18℃と28℃という温度は、凍結温度のことです。

SUOクールリング28℃であれば、水道水でも凍らせることができます。

SUOクールリング18℃を外で使用する場合、保冷剤や保冷バッグの準備が必要です。

ピッタリサイズで再凍結が早い!



18℃と28℃ 2種類を実際に使用したレビュー

自宅であれば18℃ 冷却できますが、外出先ですぐに凍結させられる温度となると28℃のほうが使い勝手がよかったです。

【SUOクールリング】18℃がおすすめな方

18℃冷却が可能である環境であれば、冷たいのがお好みの方や一気にクールダウンしたい場合はおすすめです。

私も猛暑でのエアコン対策や、1時間だけの外出の場合などは冷たさを感じやすい18℃を使用しています。

>>楽天でSUO18℃の口コミをもっと見てみる

【SUOクールリング】28℃がおすすめな方

冷たすぎるのが苦手な方や、ひんやり感を長時間持続させたい方は28℃がおすすめです。

外で長時間利用の時は、程よい冷たさの28℃を利用することが多いです。
こどもも程よいひんやり感の28℃を使用しています。

>>SUO28℃の口コミをチェックする【楽天】

アイスリングを使用する環境に適したもの、自分に合ったものを選びましょう!

クールリング(18℃・28℃) 結露はするか?

使用していて首元が濡れるのは嫌ですよね。

私はどちらの温度も、結露なく使用することができています。

口コミを見ていても結露するという口コミは見当たりませんでした。

日本製できちんと製造、検品されているとのことですので安心して使用することができますね。

【SUOクールリング】外での冷やし方

SUOクールリングの実際の冷やし方をご紹介します。

夏場はどちらの温度も冷蔵庫に保管しています。

高温、火のそばを避けて置いてくださいという記載がされています。

外出時の冷やし方をそれぞれご紹介します。

SUOクールリング 18℃の冷やし方

保冷剤をいれた保冷バッグを持ち歩き、溶けたらそこへ入れて再凍結させています。

28℃より再凍結までの時間はかかります。

保冷剤が溶ければ再凍結できなくなりますので、長時間使用の時は大きめの保冷剤を持ち歩く必要があります。


SUOクールリング 28℃の冷やし方

水道水で再凍結します。

涼しい日陰などがあればより早く再凍結することができます。

保冷バッグと保冷剤があれば再凍結までの時間が早いですので、荷物が増えても大丈夫なときは保冷剤を持ちあるいています。

ほどよいひんやり感が長時間続く!


再凍結が早い保冷剤

このように、アイスリング全体を覆うタイプの保冷材があれば早く再凍結できます。

アイスリングひとつにつき保冷剤がひとつあれば、快適に過ごすことができますよ。

>>アイスリング保冷剤の口コミを楽天で見てみる

荷物にはなりますが、それでも持っていく必須アイテムです。

【SUOクールリング】18℃と28℃、おすすめ温度 まとめ

SUOクールリングは18℃と28℃どちらも快適に使用することができますが、使用する人や環境でおすすめの温度が変わります。

【18℃・28℃】選ぶときのポイント

  • 一気にクールダウン、冷たさを求める人は18℃
  • 冷たすぎるよりも、程よいひんやり感が欲しい人は28℃
  • 再凍結させるための環境が整っているかをチェックする

外で長時間使用する場合は、再凍結させやすい28℃がおすすめです。

目的や自分に合った温度を選んで快適に過ごしましょう!

2024年新商品のSUO RING PlusはPCM量が約60%増量したため、冷たさの持続力が約2時間アップしています。

長時間冷たさを持続させたいという方にはおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次