アイスリングを外で冷やす方法は?便利アイテムで効果的に冷却!

  • URLをコピーしました!

首を冷やすアイスリングは特許取得の素材を使用しており、決まった温度(28℃や18℃)で再凍結するため、何度でも利用できるのが特徴です。

首を冷やすクールリングを外で冷やすおすすめの方法は?

特に28℃クールリングは、それ以下の室温や水で再凍結するため外で冷やしやすく非常に便利なアイテムです。

アイスリングが溶けても、冷水に浸すか冷却可能な保冷環境に置くだけで再度凍結します。

冷やし方とポイント

  • 保冷剤や水で冷やす
  • 保冷ポーチの活用でさらに素早く長持ち
  • アイスリングを保冷材にくっつける

クールリングは再利用が可能なため、環境にもやさしく、経済的です。

こちらの記事では、外出時にどのようにクールリングを再凍結させているのかさらに詳しく紹介します!

事前準備も長持ちさせるポイントですので、参考にしてくださいね!

↓クールリングをはめこむので薄くて持ち運びやすいです

目次

アイスリングを外で冷やすための準備

アイスリングを外で冷やすためには、冷やすものを準備する必要があります。

冷やすのに必要なアイテム 保冷剤

まず、基本的なアイテムとして保冷剤があります。

保冷剤は、アイスリングを再度凍結させるための重要なアイテムです。

このように、アイスリング全体を覆うタイプの保冷材があれば早く再凍結できます。

アイスリングひとつにつき保冷剤がひとつあれば、快適に過ごすことができますよ。

>>アイスリング保冷剤の口コミを楽天で見てみる

荷物にはなりますが、それでも持っていく必須アイテムです。

冷やすのに必要なアイテム クーラーポーチ

冷やす時にアイスリングを入れる保冷ポーチも準備しておくとカバンの中が濡れずに快適に持ち運ぶことができます。

便利アイテムを準備することで、外でもアイスリングを効果的に利用することができます。

特に、夏のアウトドア活動ではアイスリングの冷却効果を最大限に引き出すために、これらのアイテムがあると便利です。

冷やすためのアイテム 番外編

番外編として、氷の入ったバケツで冷やすということも候補に入れましょう!

例えば、部活や習い事で大人数のアイスリングを冷やさないといけない場合はこの方法が便利ですよね。

環境に合った効率の良い冷やし方を見つけましょう!

アイスリングを効果的に冷却する方法

アイスリングを外で冷やす方法として保冷剤を使った冷却方法をおすすめしましたが、更に効果的に冷やすためのコツをご紹介します。

保冷剤を使った冷却方法

まず、アイスリングと一緒に使用する保冷剤はあらかじめ冷凍庫で十分に凍結させておく必要があります。

次に、アイスリングと保冷剤を密封可能な袋やポーチに入れて持ち運びます。

この方法であれば、アイスリングが外でも効果的に冷却され、再凍結が可能になります。

保冷剤を利用することで、アウトドアでの使用時も簡単にアイスリングを冷たい状態に保つことができます。

↓かさばるのが嫌なかたはこちらがおすすめですよ

保冷ポーチの活用

保冷ポーチは、アイスリングを外でもしっかりと冷却するための便利アイテムです。

ポーチは保冷性能が高く、アイスリングの温度を保持するのに優れた道具です。

クーラーポーチを使用することで、アイスリングが溶けることなく冷たい状態を長時間保つことができます。

まずアイスリングと保冷剤をポーチの中に入れます。

この時、保冷剤がアイスリングに直接触れるように配置することで、より効率的に冷却することが可能です。

そして、ポーチをしっかりと密閉します。

これにより、外部の温度変化を抑え、アイスリングが長時間冷たいままでいられままで保管できます。

↓冷却効果が続き、シンプルで使いやすいですよ

クールリングを外で冷やす方法 まとめ

クールリングを外で冷やす方法と便利な冷却アイテムの活用についてご紹介しました。

保冷剤や保冷ポーチを利用することで、アイスリングを効果的に外で冷やせるので活用していきましょう。

アウトドアでも効果的に冷却を維持できる点も魅力ですよね。

保冷剤に直接つけて冷やすと、冷却時間が短縮できますのでアイスリングを挟めるようにしておくとすぐに冷たいアイスリングを使用することができます。

↓かさばらない保冷ポーチでカバンの中を濡らさない!

↓薄くて持ち運びやすい保冷材はこちら!

お気に入りのものを見つけて外出先でもクールリングを活用しましょう!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次