【在宅ワーク】クラウドワークスに登録して仕事開始

  • URLをコピーしました!

在宅ワークを始めようと決心しても
仕事を回してくれる知り合いがいない場合、
まず何から始めればよいのか
わからなくないですか?

自信もなければ、やることもわからない…
そんな状態ではありませんか?

話を聞ける人がいればよいのですが、
私の周りには在宅ワークを
自分で始めた人がいなかったので
話を聞くことはできませんでした。

自分にどんな仕事が出来るだろうか…?


ネット上のやり取りは
スムーズにこなせるだろうか…?

不安に思うこと
沢山あると思います。

パソコンを使う仕事をしたことがない場合、
まずパソコン操作の確認から
始めないといけませんよね。

その結果、何か月、何年もの間、
いつかやろう
という気持ちを持ち続けていませんか?

自分には無理だと、
やる前から諦めていませんか…?

数年前の私がその状態だったので、
気持ちはすごくよくわかります。

それと同時に、
すごくもったいないことをしている…
ということを伝えたいとも思います。

以前の私は在宅ワークをしたことがなく、
どんな仕事があるのかもわからない状態でした。

在宅ワークをしいるという話を聞いても、
どこか他人事で
自分には関係のないことだと
思っていました。

在宅で働けるということを
羨ましいと思っていましたたが、
私には無理だと
決めつけていたんですよね。

どんな仕事があるのか?
どんな仕事ならできそうか?ということも
考えず、数か月過ぎ去っていました。

こどもが大きくなったら
外へ出て働くしかないな…と考えながら
なんとなく過ごしていたのですが、
そんな時に一番上のこどもが小学生になりました。

小学生になったら働きやすくなると
信じていたのですが、
実際、低学年は下校時間が早く
働く時間が確保できないということに気づきました。

学童には入れたくないけれども
働かないと生活できないということに
直面し、
その時初めて在宅ワークについて
詳しく検索することになります。

それからは試行錯誤の日々で
悩みながら進めることになるのですが…

今は違います。

あの時、
一生懸命検索して一歩踏み出したことで
自分の理想の働き方
できるようになりました。

何事も、
新しいことを始めるには勇気がいると思います。

どんな順番で進めていけばよいのか?


顔が見えない相手とのやりとりは
スムーズにいくのか?


家族に相談せず始めても大丈夫か…?

日々の生活でやることがたくさんあるなかで、
色々考えることは大変ですよね。

今回、私が一番最初に始めた
クラウドワークスについてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください!

この記事を読むと…
  • 在宅ワークの始め方がわかる
  • 在宅ワークを始めることへの
    不安がなくなる
  • 小学生以上のこどもがいる方は、
    こどもに「おかえり」が言える生活を
    手に入れることができる
この記事を読まなければ…
  • 在宅ワークに憧れはあるものの、
    自分には関係ないものと
    スルーしたまま終わる
  • 学童に入らない限り、
    こどもの下校時間に合わせた働き方しか
    できない
  • 在宅ワークは意外と
    簡単に始められるということに
    気づくことができない
目次

まず登録

まず、クラウドワークスに登録します。

クラウドワークスでなくても大丈夫です。
私も他に登録している会社があります。

初めて仕事をしてみるということが
大切なので、
自分に合った仕事を探す感覚で
登録しました。

今すぐ始めると決めていなくても大丈夫ですよ。

登録すれば、
どんな仕事があるか検索することができるので
一度見てから決めるのもよいと思います。

ワーカー情報(自己PR)

自己PRだけでなく、
やりたい職種や稼働時間、
希望する時間単価なども
決まっていれば記入しましょう。

そうすることで、
思っていた仕事と違った…ということも
防げると思います。

すべての項目に記入することは
必須ではありませんが、
できるだけ埋めた方が
信用に繋がると思います。

こちらも
顔が見えず不安な気持ちがあります。

それは、
相手も同じです。

仕事を依頼してお金を支払う立場だと考えれば、
当然ですよね。

私も最初は空欄が多かったのですが…
少しずつ埋めていくことで
仕事が決まりやすくなりました。

自分がやってみたい案件に応募

登録が終われば、仕事を探します。

検索で詳細条件をいれると、
自分に合った仕事が探しやすいですよ。

長い文章を書くだけでなく
商品レビューを書いたり、
旅行先の写真を送ったり、
制作物を作ったり…

気軽なものもありますので
自分に合ったものを見つけましょう。

動画編集が得意な方は
YouTubeの動画編集、
画像編集が得意な方は
Instagramの画像編集などもいいですね!

応募に返答さえこないことも…

仕事に応募しても、
返信がないこともあります。

返事さえないのか…と悲しいですが、
応募多数な案件で1つずつ返信するのは
大変なことですよね…。

初めのころは、
基本的に返事は返ってこないものと
思っていました。

今のように自分のサイトもなかったですし
自分の書く文章を
見てもらうこともできません。

当たり前です。


いちいち落ち込んでいたら時間の無駄なので
返ってきたらラッキーという気持ちで、
たくさん応募しました。

自己紹介や、提案分を工夫することで
仕事が頂けるようになっていきます。

私がこだわった応募案件の条件

子育ても仕事も、
どちらも中途半端になるのが嫌だったので、
仕事を探すときに注意していたこと
2つあります。

仕事をすることで嫌な気持にならないか

実際に仕事を見てみるとわかると思いますが、
本当に様々な仕事があります。

自分が仕事になると思っていなかった分野でも、
お金が頂けることがあります。

できそう!と思った仕事には
挑戦してみるとよいのですが、
自分が苦手だと思う分野には
手を出さないようにしました。

例えば、私は数字が苦手なのですが、
疲れた一日を過ごした後で、
数字を扱う仕事(入力作業など)は
無理だと判断しました。

疲れた状態で仕事をするという日のことも考え、
余計なストレスなくできる仕事のほうが
はかどります。

時間に見合ったお金がもらえるか

仕事を探していくと、
時給にするとすごく安いものもあります。

私の場合、
外へ働きに行くのと同じくらいの時給を
家で稼ぐということが当時の目標でした。

自分の希望する時給が1000円だとする場合、
最初から時給1000円を稼ぐのは
難しいかもしれません。

しかし、8割の時給800円以下の仕事は
やりたくない仕事でした。

例えば
Webライターの仕事をしたいと思っていて
書き方がわからない場合。

依頼主の丁寧な
フィードバックが頂けるなら…
勉強をさせてもらうという点では、
ありかもしれません。

しかし当時は、
本当に育児で疲れているなか
仕事をしていたので、
ストレスを感じながら
仕事をしたくなかったんですよね。

読んでくださっている方にも、
様々な状況があると思います。

置かれている状況により、
低単価でも
とりあえず仕事をこなしていきたい!と
いう場合と、

低単価すぎるとモチベーションが上がらない…と
いう場合があります。

私は後者だったので気持ちを優先しましたが、
それが私には合っていました。

少し疲れたな…という日も、
これだけ頂けるなら、頑張ろうという
気持ちになれたからです。


実際にクラウドワークスでやった仕事

特に最初は、どんな仕事をしようかと
躊躇することもあるかもしれません。

私の場合は、短時間で終わる仕事や
納期が長い仕事から挑戦していきました。

アンケートや口コミ

初めのころは評価の数も少ないので、
簡単なアンケートに答えたり、
家電の感想を書いたり、
ドラマの感想を書いたり…
スキマ時間に終わる仕事もおすすめです。

これをすることで…

書くことだけでなく、
クライアントとのやり取りや
クラウドワークスの仕組みについて
理解することができます。


慣れてきたら長めの文章を書くことに挑戦 

書くことに抵抗なく仕事が出来そうだったので、
少し長い文章を書く仕事にも挑戦しました。

自分が書きやすい内容で
400字(原稿用紙1枚)書くのに
どれくらい時間がかかるか?
ということがわかると、
仕事選びの参考になります。

自分の得意分野であれば
応募文にもアピールしやすいですし、
仕事が決まった場合も書きやすいと思います。

得意分野なんてない…
思うかもしれませんが、
自分が普通だと思っていることが
他の人の特別なことになります。

主婦目線、子育て経験者の文章が
重宝されることもたくさんあるので
どんどん挑戦していきましょう!

クラウドワークスでの仕事をやってみて

色々な案件に応募してみましたが、
自分が思っていたよりも
安心安全に仕事が出来る
いうことがわかりました。

正直、最初は
顔が見えない相手との取引は大丈夫だろうか?
という心配がありましたが、
今までの取引で不安になったことは
一度もありません。


自分にでも
できる仕事がたくさんある
ということに驚いています!

クラウドワークスに登録してみて…
  • 思っていたよりも簡単に、
    在宅ワークできることがわかった
  • 安心して働くことができている
  • 自分の理想とする働き方が
    できるようになった

以前の私のように諦めて終わるのでなく、
自分の理想とする働き方が見つかることを
応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次